私は大学を卒業した後に私立の専門学校に入り直し、さらにその後に大学院に進学しました。

そのため、親からしたらとてつもなく学費のかかる子供だったと思います。

学費自体は奨学金を借りて現在も返済中なのですが、学生の頃の生活費は親にほとんど負担してもらっていました。

始めの頃は親に出してもらっていて当たり前という感覚があったのですが、初めてアルバイトをして給料をもらった時に、お金を稼ぐのがこんなに大変なのかとしみじみと思いました。

大学院卒業後に何とか仕事を見つけて働き始め、最初の給料は全額親に仕送りしました。借り換えローンで返済負担を減らす方法


父親と母親それぞれに給料の半額ずつ入った封筒を送り、封筒の題字にはお小遣いと書き添えておきました。後日両親から電話が来て、ありがとうという言葉とともに、今後は無理せず自分のためにお金を稼ぎなさいと言われ、自分の両親は良い両親だなあと感心しました。

話の落ちに母親が電話の最後に、でもたまにはお小遣いがほしいな、と言われ、苦笑いするしかありませんでしたが、これからも頑張ろうと思いました。