10代の頃は、お金を誰かに与えるなんてことは一度として考えたことがありませんでした。

そりゃあ、収入がありませんから、当然と言えば当然なのですが、問題なのは、それに対して当たり前だと感じていたということなのです。どういうことかというと、例えばお小遣いやお年玉を貰っても、それに対するお礼や感謝の気持ちなんかはこれっぽちも感じていなかったのです。が、私も成長しました。年齢を重ねる中で、感謝の気持ちやお礼の気持ちをしっかりと感じれるようになったのです。

何か贈り物やご祝儀をもらったならば、それ相応のお返しをすることがしっかりと身についていますし、困っている友人がいれば、できうる限りの手助け(金銭的な)も自然と出来るようになりました。この考えが身についてからというもの、なんだか人生が上手く回るようになった気がします。

たかがお金。されどお金。おまとめローンの審査に通らないときには おまとめローン 審査


お金に対する考え方を変えれば、人生に良い影響があるのかもしれませんね。